スマホRPG「レッドプライドオブエデン」が好評配信中!ロリからお姉さんまで幅広いキャラクター、オートや3倍速などプレイヤーに優しい戦闘機能も充実しています。

レッドプライドオブエデンをプレイ(無料)

【ロマサガRS】Sアンドロマケーの評価とスキル おすすめの覚醒と継承

螺旋回廊

ロマサガリユニバース(ロマサガRS)のSアンドロマケー[我が力、思い知れ]の評価をまとめた。スキル・耐性・ステータス・アビリティ、おすすめの継承や覚醒などはここで確認しよう。

 

Sアンドロマケー[我が力、思い知れ]の評価・データ

評価 78
ランク S 武器種
ロール ディフェンダー 術適正
登場シリーズ ロマンシングサガ2

スキル

スキル 威力/BP 効果

スウィング

[E/BP7]
  • 攻撃/近/敵全体(突) 槍で全体攻撃する
  • 対象をスタンさせる(確率小)
エイミング [C/BP7]
  • 攻撃/近/敵単体(突) 槍で攻撃する
活殺獣神衝 [S/BP14]
  • 攻撃/近/敵単体(突) 槍で攻撃する
  • 対象の器用さを低下させる(小)

おすすめの継承スキル

スキル 威力/BP 効果

[-/BP-]
  • 継承できるスキルは無い

おすすめの覚醒

スウィング:1覚醒

基本使うことはあまり無いキャラだが、あえてオートで使うならスウィングを1覚醒させて、初手エイミングを使った後は通常とスウィングを交互に使わせる流れにするのがベター。

SSスタイルが追加された時のことを考えると、覚醒せずに放置しておいたほうが安心できる。

 

アビリティ

アビリティ 効果
鉄壁の守りⅡ 常時  被ダメージを軽減する(小)
自己再生Ⅱ ラウンド開始時/まれに  自身を回復する(中)
挑発巧者Ⅱ 攻撃した時/ごくまれに ヘイトが上昇する(特大)

 

耐性・成長傾向

-55 +10 +45 0 0 0 0 0
成長ボーナス 腕力体力

 

ステータス上限値(旧ステ)

腕力 体力 器用 素早 知力 精神 魅了
51 51 48 44 40 46 46 43

※メイン7話で上限値+3、メイン8話で+6、メイン9話で+9まで伸びる。

ステータス上限値一覧はこちら

 

スタイル補正値(単位は%)

項目 腕力 体力 器用 素早 知力 精神 魅力
LV30 ? ? ? ? ? ? ? ?
LV50 51 41 41 26 26 56 31 51

 

スタイルボーナス

Lv.1 アビリティ解放1 Lv.22 全能力値+1
Lv.2 素早さ+1 Lv.26 マスターレベル経験値+1
Lv.4 マスターレベル経験値+1 Lv.30 アビリティ解放3
Lv.6 素早さ+1 Lv.34 マスターレベル経験値+1
Lv.8 体力+2 Lv.38 体力+3
Lv.10 アビリティ解放2 Lv.42 マスターレベル経験値+1
Lv.14 マスターレベル経験値+1 Lv.46 体力+4
Lv.18 素早さ+3 Lv.50 全能力値+2

 

♦️Sアンドロマケーの長所

スウィングで全体攻撃できる

スウィングを覚えるので、低コストで全体攻撃を使うことが出来る。ただし火力アビリティが無いのでダメージは期待できない。SSスタイルが追加された場合に継承の選択肢として期待しよう。

ラウンド開始時に回復出来る

Sアンドロマケーは敵の攻撃を引きつける役なのでダメージを受けやすい。なのでラウンド毎に回復出来る可能性があるのはありがたい。

 

🔷Sアンドロマケーの短所

入手が難しい

Sアンドロマケーは螺旋回廊ガチャ限定のスタイル。引く回数が限られているので、手に入れるまでかなり時間がかかることもあり得る。

耐久力はそこまで高く無い

ディフェンダーだが、体力補正値は抑えめでアビリティ「鉄壁の守り」による軽減もたかが知れている。ヘイトを高めてもすぐやられるのがオチだろう。

上位交換がいる

ホワイトデー限定のSS最終皇帝(男)が完全に上位交換といった感じになっている。あえてSアンドロマケーを使う意味はまるで無いに等しい。ディフェンダーならアルベルト辺りを使っておくのが無難。

 

フリーファイター(女)の全スタイル一覧

スタイル スキル
Sアンドロマケー
  • スウィング【攻撃/近/敵全体(突)槍で全体攻撃する
    対象をスタンさせる(確率小)】
  • エイミング【攻撃/近/敵単体(突)槍で攻撃する】
  • 活殺獣神衝【攻撃/近/敵単体(突)槍で攻撃する
    対象の器用さを低下させる(小)】

 

ワンポイントアドバイス

別に強く無いな。ただ螺旋回廊限定のスタイルだから欲しいンゴ。

リリース日からプレイしていて約半年、未だに螺旋限定スタイル所持率0%ってやばくない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました